部屋とYシャツと茶道具と私

骨董商というものは

骨董商というのは、要するに中古販売業者になります。必ず警察に登録することが義務になっていますから、それは覚えておくことです。

昔は、地方を回って、買取をしたり、販売をしていた骨董商も多かったのですが、今では店舗を構えてやっているところが殆どですし、そうした業者を利用したほうがよいです。

何故かといいますと、信用できるかどうか、と言うことが大事になるからです。茶道具というのは、出来るだけ信用できるところから買うべきであるといえます。本物であるかどうか、と言うことは素人によくわからないものですから、鑑定書とかがしっかりと揃っている茶道具を買ったほうがよいです。

信頼できる骨董商を何人か作っておいたほうがよいです。そうすることによって、安心して茶道具を集められるようになりますから、お勧めできます。趣味で集めている人が多いのが、茶道具であり、かなりポピュラーなものとして認知されています。ですから、趣味としてやってみることはよいことです。