部屋とYシャツと茶道具と私

茶道具の市場というものは

茶道具の市場というものは、日本では実はかなり大きいです。古いものに価値を見出す文化がしっかりと確立していますから、かなり大きく、そして、人気があるのです。茶道具を集めることが趣味として、認知されているので売買が盛んなのです。

それにそこそこの家になりますと持っていることが常識になり、また成り上がり者が社会的な義務として買うときもあります。どんな茶道具を持っているのか、ということによって、社会的なステータスの違いにもなってくるわけです。家に代々伝わる、といったようなものであったほうがよいのですが、自分の代からでもいいからよいものを買っておきたいと思う人は多いのです。

それと茶道具市場なのですが、今はインターネットにも大きく広がっています。通販をしているところもありますし、ネットオークションもあります。但し、さすがにそうした市場があることは覚えておく価値がありますが、やはり自分の眼で見て、信用できるところから買ったほうがよいです。